毎日の食生活で様々な節約をしています。

毎日の食生活において必ず気を付けていることがあります。まず肉や魚よりも野菜を中心とした献立にすることです。その野菜もスーパーなどで購入すると高いですから、自転車で30分かけて産直市へ行って数日分をまとめ買いをしています。野菜類は主に茹でてかさを増やして多く食べているような感覚にさせています。

大根やニンジンなどの皮も捨てるのではなく、細かく刻んでお味噌汁の具に入れています。残った野菜の切れ端はぬか漬けにして翌日食べるようにしています。育ち盛りの子供もいますので肉類もどうしても食べなければいけませんが、安い鶏のむね肉がほとんどです。

たまに豚肉も使用しますが、牛肉はまず使いません。たまに魚料理も作りますが、仕事をしている関係で煮魚などは手間がかかりますし、お刺身はやはり高価になります。そこで安く手に入って簡単なイワシの素干しなどが多くなります。お米は近所のお米屋さんで標準米を購入しています。

健康に良く安い食材として、おからもよく食べるようにしています。卵は1個当たりにすればそれほど高価ではありませんが、そうかといって自由に食べるようにしていると月々の費用もばかにならなくなりますから、冷蔵庫にストックしている個数を毎日チェックしていて、食事の際に利用する以外には家族が勝手に食べることができないように管理しています。