赤ポストの力

普段の生活をしていくためには貯蓄をしていくことが大切。給料全部使っては今後、不安になるばかり。かといって給料が上がるわけではない。

ある時、同棲している彼が郵便局からもらったという赤ポストの貯金箱を持って帰ってきたのです。私は正直、いらないと思っていたのですが、

彼が意外とノリノリで「ちゃんとお金いれてね」と言い始め、私はどうせ続かないだろうという思いで「はいはい」と受け答えをしていました。

彼は毎日、コツコツと小銭を貯金箱に入れ重くなっていく貯金箱に喜びを感じていたのです。私もそんな彼を見てるのがうれしくなり、自分の

財布から小銭をだし貯金箱へ入れるようになりました。貯金箱がいっぱいになったので大きい缶の中へ入れることにしました。またそこで彼が

いくら溜まったのか数えてと言い始め数えると約1万円ぐらい入っていたのです。今度は2人ですごいね。と言いながらコツコツと始める事になり

夏から初めて年末までの半年間で5万円は溜まりました。意外と小銭パワーはすごいものだと感じてしまいました。また私たち二人は500円玉も

惜しみなく貯金箱にいれるので貯金箱に溜まる金額も1万円近くになったのだと思いました。赤ポストの貯金箱は不思議なパワーがあるのかと

思うぐらい貯金箱の重さが喜びへと変わるのだと実感しました。また溜まったお金は年末年始に行く旅行代へ消えていきましたがホテル代の足しに

なったので何だか得した気分にさせられました。